オキシクリーン 洗濯槽 アメリカ版で掃除してみた。量とやり方をブログで紹介

2021年7月22日

オキシクリーン、第三弾は洗濯槽です。。。


上履き、お風呂の床に続いて、今度はオキシクリーンで洗濯槽の掃除を。


ドラッグストアなんかにおいてある「洗濯槽クリーナー」を2か月に1回はやっていたので、けっこうキレイな方だと思ってたのが間違いでした。


あまりにも汚いため、「ボカシ」を入れたくらいです(笑)


では、オキシクリーンで洗濯槽の掃除。いってみよ!


[TOC]

オキシクリーン アメリカ版


オキシクリーン自体の詳細は「上履きの浸け置き」の話で紹介しているので、そちらへどうぞ


オキシクリーン 洗濯槽 やり方と量


洗濯機のスイッチを入れ、隣の洗面台のホースを伸ばして「60℃」に設定した水を洗濯槽いっぱいいれました。


わが家の洗濯機は「10kg」です。


オキシクリーン10杯を入れて、一度「洗濯槽の掃除コースをスタート」して、オキシクリーンを「1~2分」撹拌させ、泡立ったら「一時停止」


そのまま「8時間」放置しました・・・


【8時間後・・・】


汚れが浮いています。。。


汚なっ!


浮いた汚れを100均で買った金魚をすくうタモでひたすら掬いました


自制…(笑)

マジ汚いです。。。


そしてさらにビックリしたのはこれ。


どぶの水やないか~い!!!


汚っ


あらかた汚れを掬ったら、一度排水してから洗濯槽の洗浄コースを2回やりました。


その時もまだ汚れが浮いてくるので、それをひたすら掬いました


結果。更にこんなに取れ。。。


いやぁ、こんな汚かったとは。


こんな汚い洗濯機で洗濯したってキレイになるわけないじゃんね。


いやぁ、ビックリしましたよ。


しかしオキシクリーン、かなり使える子です。


おかげで少しずつわが家がキレイになっていく(笑)


とりあえず1か月後にもう一度やってみて、一度キレイにした洗濯槽が1ヵ月でどれだけ汚れるか、試してみようと思います。


また洗濯槽の掃除やったら追記しま~す!

オキシクリーンは自然分解で汚れを落とすのでペットや子供のいるご家庭でも安心してお使いいただけます。衣類のシミや水まわりのしつこい汚れ、キッチンの油汚れから洗濯槽まで頑固な汚れやシミを浮かして落とす万能クリーナーです。酸素系漂白剤なので臭いも気にならず、汚れだけを落とすので色物・柄物の衣類にも安心してお使いいただけます。